『ShowJapanTime』MT5 版のダウンロードを再開しました。(2022.03.06)

【MT4 / MT5】十字カーソルを複数チャートに同期して表示するインジケーター 検証機能付き(バージョンアップ 2022.03.13)

この記事は約19分で読めます。

よくある複数のチャートに十字カーソル(十字ポインター? クロスへアライン?十字線?)を同期して表示するインジケーターです。

オリジナルの十字カーソル(ctrl + F)はドラッグした距離の時間差と価格差をバー数とポイントで表示しますが、このインジケーターはクリックタイプに応じた動作(長押しシングルクリック、ダブルクリック、ドラッグ)で時間差と価格差を直感的に時間と pips で表示します。また、日本時間も表示できるようにしてみました。さらに、カーソルから現在価格(Bid)までの pips をリアルタイムに更新して常時表示するようにしてみました。

他と同様、複数チャートに同期しますし、複数チャートに刺して使うこと前提に作っていますので、このインジケーターを刺したどのチャートからもきっちり同期されます。

パラメーターで十字カーソルを非表示にしていても、ショートカットキーで表示非表示を切り替えられますので、ctrl を押さえなくて済む分オリジナルよりはカジュアルに表示が可能です。日本時間と価格表示も、十字カーソルが表示されていればパラメーターでオフっていてもショートカットキーで表示できます。差分時間と差分 pips の表示はシングルクリック、またはマウスボタンを放せば終了できます。

必要なのに、オリジナルの十字カーソルがどうしても使いづらく使用頻度が低かったので、もっと使いやすいものが欲しくて作りました。(Mac なのでマウスのホイールボタンという発想はおいておき)マウスと反対の手で ctrl + F とか、画面の上や端までカーソルを移動することなく、思ったときに、思ったその場でスグに使える常駐十字カーソルに、検証にも使えそうな機能を付けてみました

チャートジャンプ機能(検証機能)の使い方

以下は、組の中全てのチャートに ShowCrosshairs が導入されていて、全てのチャートでチャートジャンプがオンで ShowCrosshairs の十字カーソルが表示されている前提です。

  1. なるべく上位足から始めます。
    例えば気になる長い陽線や陰線を見つけたら、そのバーを shift キー + クリックすると十字カーソルが検証十字カーソルに変わり、全チャートのオートスクロールがオフになって、他のチャートがクリックした時間を中央にして止まります。(長期足など、右側に十分にバーが存在しない場合はその時間がチャート中央にならないこともあります)
  2. 上位足でクリックした部分が、下位足チャートでズームされているように見えるはずです。下位足チャートにカーソルを移動させて shift キーを押さえながら細かくクリックやドラッグで目的の地点を絞り込んでいきます。(計測クリックが長押しシングルクリックの場合、検証移動中は shift キーを押しっぱなしにすると意図しない計測開始を防げます。)同じ組であれば、複数時間足ではなく複数通貨ペアでも同じ時間に何が起こっていたかの検証が可能です。
  3. 検証を終了するときは esc キーshift キー + ダブルクリック すると、検証十字カーソルが通常十字カーソルに戻り、全チャートのオートスクロールがオンになって、全チャートが最新時間(右端)へ移動します。
    ※ shift キー + ダブルクリックは他のインジケーターやラインなどの描画が何もないところで実行してください。ラインなどの描画上でダブルクリックすると不用意にパラメーターを開いてしまいます。

バージョン履歴

バージョンアップ 1.512(2022.03.13)
  • 時間足を切り替えると十字カーソルを非表示にしていても表示されてしまうことがある不具合を修正しました。
  • ブローカーの GMT に GMT+3(海外口座 FXGT)を追加しました。
    ※ バージョンアップの場合もリセットされますので、お使いのブローカーに合わせて必ず再設定をお願い致します。お手数をおかけしますがご理解いただけますようお願い致します。
  • ブローカーごとにサマータイムの有無を指定する仕様に変更しました。「米国基準」「欧州基準」「なし」から選べます。
    ※ お使いのブローカーに合わせて必ず設定をお願い致します。お手数をおかけしますがご理解いただけますようお願い致します。
バージョンアップ 1.511(2022.03.08)
  • 自動スクロールをオフにした状態で計測すると自動スクロールがオンになってしまうことがある不具合を修正しました。
バージョンアップ 1.51(2022.01.27)
  • 十字[縦]線非表示時の同期先[縦]線の線種と色を変更する機能を追加しました。
  • 十字カーソルの OHLC 吸着を shift キー押下でオンオフできる機能を追加しました。
  • 他通貨ペア同期の場合の価格同期を pips 基準にしました。これまでは同期元通貨ペアの Bid とカーソル位置の割合を同期していましたが、pips 基準にすることで意味のある位置に同期されるようになりました。同期元通貨ペアの Bid からカーソルまでの価格差が 10 pips であれば、同期先通貨ペアの Bid カーソル間も 10 pips になります。
  • 他通貨ペア同期の場合に[横]線(価格線)を同期しない選択もできるようにしました。[横]線は非表示になり[縦]線(時間線)のみが同期されるようになります。
  • 十字線の[縦][横]の線色を別々に変更できる機能を追加しました。色を None にするとその線の機能をオフにできます。
    ※ 検証十字線の色も別々に変更できますが None にしても機能オフにはなりません。
  • 時間差・pips 差計測を esc キーで終了できるようにしました。
バージョンアップ 1.502(2022.01.25)
  • 十字カーソルの縦線を非表示にする機能をブラッシュアップしました。縦線が非表示になるのはマウスカーソルがいるチャートだけにして他のチャートの縦線はバーの背面に表示されるようにしました。
  • 検証機能から抜けられないことがある不具合を修正しました。
バージョンアップ 1.50 / 1.501(2022.01.24)
  • リクエストいただいた機能を追加しました。
    • 十字カーソルの縦線を非表示にできるボタンを設置しました。十字カーソル表示中にチャート最上部へマウスカーソルを移動させると小さなボタンが表示されます。縦線にひげが隠れて邪魔なときなどに、ボタンをクリックすると縦線のみ非表示にできます。起動時に縦線を非表示にしておくこともできます。
  • 検証機能のロジックを見直して最適化しました。
  • カーソル表示テキストと計測テキストを再調整しました。
  • 時間足を切り替えた後も切り替え前の状態で十字カーソルが使えるよう修正しました。(バージョン 1.501)
バージョンアップ 1.492(2022.01.23)
  • カーソル表示テキストと計測テキストを最適化しました。
  • ドラッグで計測開始した場合に計測ラインが不正になることがある不具合を修正しました。
バージョンアップ 1.49 / 1.491(2022.01.22)
  • 複数チャートにインストールしている場合、検証機能を1チャートだけ true にしておけば他の false にしたチャートでも検証が続行できるようにしました。検証終了も false のままの他のチャートから行えます。(バージョン 1.491)
    ※ これまでは全てのチャートでパラメーターから検証機能を true にする必要がありました。
    ※ 2022.01.22 – 12:40 〜 15:00 の間にダウンロードされた方へ。アップロードに失敗しており、1.491 が正しく動作しません。再度ダウンロードをお願い致します。
  • 垂直線に日本時間を表示して検証を開始すると日本時間の背景色が検証色にならない不具合を修正しました。(バージョン 1.491)
  • シングルクリック(長押し)の待ち時間(秒)を変更できるようにしました。
  • 日本時間をカーソルに表示した場合のサブウィンドウにも現在レートまでの pips が表示されてしまっていたので修正しました。
バージョンアップ 1.482(2022.01.21)
  • サブウィンドウにも現在レートまでの pips が表示されてしまう不具合を修正しました。
バージョンアップ 1.48 / 1.481(2022.01.20)
  • 時間差と価格差 pips の計測方法にドラッグ(ワンショット)を追加しました。MT4 / MT5 の十字カーソルの計測動作と同じ仕様で、ドラッグ終了と同時に十字カーソルを非表示にします。
  • カーソル位置から現在価格までの価格差をリアルタイムに更新して pips で常時表示する機能を追加しました。カーソルから現在価格(Bid)まであと何 pips あるのか?が、計測しなくてもリアルタイムに分かります。前バージョンでは OHLC 吸着時にのみ表示していましたが、十字カーソルを表示していればどこからでも常時表示できるようにしました。
  • ドラッグ(ワンショット)での計測終了時に shift キーを押下してマウスボタンを放すと、計測のみ終了して十字カーソルを表示したままにします。続けて計測したい場合にご利用ください。(バージョン 1.481)
    ※ ドラッグ終了時のみ・・・・・ shift キーを押下してください。
    ※ 検証機能が false になっていれば shift キーを押しながらドラッグで計測せずにチャートのスクロールができます。
バージョンアップ 1.47 / 1.471 / 1.472 / 1.473 / 1.474(2022.01.15)
  • ご指摘頂きチャート同期ロジックを見直して最適化しました。選択されていないチャート上で十字カーソルを動かしても軽快に動作するようになりました。
    ※ 同期されて動く十字カーソルの同期タイミングを少し遅らせています。
  • 検証モードが同期しない不具合を修正しました。(バージョン 1.471)
  • 【スケール固定環境】検証モード中 shift キー + クリックした価格が同期先チャートの縦センターになるよう修正しました。(バージョン 1.471)
    ※ マウスボタンリリース時に実行していますのでゆっくりめにマウスボタンを放してください。
  • 検証モード中に十字カーソルをオフにすると検証モードを終了するよう修正しました。(バージョン 1.472)
  • サブウィンドウでも OHLC を表示してしまうことがある不具合を修正しました。(バージョン 1.473)
  • 十字カーソルをオフにすると現在時間に戻ってしまう不具合を修正しました。(バージョン 1.474)
バージョンアップ 1.46(2022.01.14)
  • リクエスト頂いた機能を追加しました。
    • 十字カーソルを OHLC(始値・高値・安値・終値)へ吸着させる機能を追加しました。
    • OHLC 吸着時に現在価格(Bid)までの価格差をリアルタイムに pips で表示する機能を追加しました。
バージョンアップ 1.45(2022.01.13)
  • リクエスト頂いた機能を追加しました。
    • 複数チャートに ShowCrosshairs を適用して同期している場合、十字カーソルのオンオフも同期するよう修正しました。
  • 重複インストールするとアラートを表示して注意を促すよう修正しました。
バージョンアップ 1.44(2021.10.30)
  • 状態記憶処理を見直して最適化しました。
バージョンアップ 1.43(2021.10.25)
  • Windows のシステムで文字サイズを大きくした場合のテキスト位置を再調整しました。
  • GMT 0 採用のブローカーをご利用の方は GMT 0 を選択していただく仕様へ変更しました。AVATRADE、Exness、LAND-FX などをご利用の方はパラメーター最下段の「ブローカー GMT」を「GMT -1/0」に設定してください。
    ※ 期間区切り表示(MetaTrader の 00:00)が日本時間の午前10時、または午前9時(夏時間)に表示されるブローカーが GMT 0 採用ブローカーです。(GMT +2/+3 採用ブローカーは日本時間の午前7時、または午前6時(夏時間)に表示されます)
バージョンアップ 1.42(2021.10.24)
  • Windows のシステムで文字サイズを大きくした場合でも日本時間など垂直線テキストが可読できるよう修正しました。
バージョンアップ 1.41(2021.10.23)
  • 休日にサーバ時間が止まると日本時間がずれていってしまう不具合を修正しました。GMT を自動で切り替えるために PC のローカル時間を使用していたため、休日でも日本時間が更新されてしまっておりました。
    サーバ時間が止まったときと、ストラテジーテスター使用時はパラメーター最下段の「ストラテジーテスター用ブローカー GMT」から GMT を取得するよう修正しましたので、GMT 0 採用のブローカーをご利用で、休日に検証などで MetaTrader を使用する方は [GMT -1/0] を選択してください。
    [GMT +2/+3] を採用のブローカーご利用のほとんどの方は、デフォルトが [GMT +2/+3] になっておりますので再度選択する必要なく、バージョンアップして頂くだけで休日の不具合は解消されます。
バージョンアップ 1.40(2021.10.14)
  • AVATRADE、Exness、LAND-FX など、グリニッジ標準時 0(GMT 0)を採用するブローカーに対応しました。自動判別しますので設定変更の必要はありません。
    ※ これまで GMT 0 採用ブローカーでは日本時間が正しく表示されていませんでした。
    ※ 期間区切り表示(MetaTrader の 00:00)が日本時間の午前10時、または午前9時(夏時間)に表示されるブローカーが GMT 0 採用ブローカーです。(GMT +2/+3 採用ブローカーは日本時間の午前7時、または午前6時(夏時間)に表示されます)
バージョンアップ 1.39(2021.09.24)
  • 十字線を表示非表示するキー、日本時間を表示非表示するキーを変更できるようにしました。
バージョンアップ 1.38(2021.09.06)
  • 日本時間を十字線の垂直線データとして表示する機能を追加しました。
  • カーソルに表示する場合の日本時間と価格の表示を選択できるようにしました。
バージョンアップ 1.37(2021.06.29)
  • 内部処理を見直して安定化させました。
  • 設定項目のテキストを一部訂正しました。(ctrl + クリック → shift + クリック)
バージョンアップ 1.36(2021.06.23)
  • 価格ラベル表示を設定からオンオフできるようにして復活させました。
バージョンアップ 1.35(2021.06.19)
  • ラインなどの描画がコピーされてしまう問題があったため ctrl + クリックを廃止しました。チャートジャンプ機能で使用していた ctrl + クリックは shift キー + クリックへ置き換えました。
  • shift キー + クリックへ置き換えたことにより pips と時間の差分計測の方法にあった shift キー + ドラッグを廃止しました。
  • チャートジャンプ機能の終了方法に esc キーを追加しました。差分計測のクリック方法にダブルクリックを選んでいると shift キー + ダブルクリックではチャートジャンプ機能が終了できません。esc キーで終了してください。
  • その他軽微な修正を行いました。
バージョンアップ 1.30(2021.06.12)
  • チャートジャンプ機能中のドラッグでのスクロールや F12 キー、矢印キーでのスクロールに全チャートを追従させるようにしました。追従するチャートは可能な限り同じ時間を中央にしながら追従します。
  • チャートジャンプ機能中の十字線の種類、太さ、色を変えるようにしました。
  • チャートジャンプ機能を終了するときの shift キー + ダブルクリックをどのチャートからでも実行できるようにしました。
  • カーソルから離すテキストの距離をピクセル値に変更しました。
  • テキストがスクロールから遅れる症状を修正しました。
チャートジャンプ機能使用中画面
バージョンアップ 1.22(2021.06.08)
  • 日本時間に背景色を設定しました。
  • 文字色を前景色に合わせる機能を追加しました。デフォルトでオンです。
バージョンアップ 1.21(2021.06.07)
  • チャートジャンプ機能で、ジャンプ先のチャートが“チャートの右端をシフト”していない場合チャートの中央に表示されない症状を修正しました。

バージョンアップ 1.20(2021.06.01)
  • 検証機能を追加しました。複数チャートを開いている場合、任意のチャートを ctrl + クリックすると表示されている全てのチャートのオートスクロールをオフにしてクリックした時間へジャンプさせます。最後に ctrl + クリックしたチャートで shift キー + ダブルクリックすると全てのチャートのオートスクロールをオンに戻せます。
  • 検証機能追加に併せて同通貨ペア縛りをやめました。同時に開いている別通貨ペアチャートにも十字カーソルが同期します。
  • 日本時間横に表示していた価格ラベルを削除しました。
バージョンアップ 1.13(2021.05.23)
  • 計測テキストに背景色を設定しました。
バージョンアップ 1.12(2021.05.22)
  • MT5 に対応しました。
バージョンアップ 1.11(2021.05.20)
  • シングルクリックタイプの計測をマウス左ボタンの長押しで開始するよう変更しました。長押し(0.5秒)中に計測テキストが表示されたらマウスボタンを放して計測できます。ドラッグ操作などでそのまま長押しを続けると1秒後に計測は取り消されます。試行錯誤の末、結局このシングルクリックタイプで複数足に常時表示がおすすめです。
バージョンアップ 1.10(2021.05.12)
  • クリック計測だけでなくドラッグ計測にも対応しました。“shift キー”を押しながらドラッグを開始すると時間と pips の差分が計測できます。設定項目で“shift キー + ドラッグ”を選択してください。

パラメーター

  • 十字カーソルを表示して開始する
    どちらを選択しても以下のキーで切り替え可能
    • 十字線を表示するキー(P)
       特殊用途【MT4 のみ】ShowJapanTime 併用時に MT4 のサーバ時間を隠していると “スペースキー” が使えます。
      当サイトの ShowJapanTime に、チャート最下段にある MT4 の時間エリアを隠して日本時間だけを表示する機能があります。この機能使用中、ShowCrosshairs の「十字キーを表示するキー」に「space(※MT4 予約キー。通常は使用できません)」を選ぶとスペースキー(スペースバー)が使えるようになります。この上の「十字カーソルを表示して開始する」を false に設定して通常は十字カーソルを非表示にしておき、使用するときだけ・・・・・・・スペースキーで表示するようにすると、キーボードを見る必要がなくなって十字カーソルの使い勝手が良くなります。MT4 をお使いの方は試してみてください。ただし、MT4 のサーバ時間を隠すと通貨ペアの変更や時間の検索ができる「ファーストナビゲーションボックス」が使用できなくなります。
      ※ MT5 はサーバ時間を隠してもスペースキーが解放されないので使用できません。
    • 十字線の種類の変更
    • 十字線の太さの変更(Solid 選択時のみ有効)
    • 十字[縦]線の色の変更
      None にすると[縦]線の機能はオフになります。
    • 十字[横]線の色の変更
      None にすると[横]線の機能はオフになります。
    • 十字[縦]線を表示して開始
      false にすると起動時に十字縦線を非表示にします。チャート上部の小さなボタンで表示 / 非表示を切り替えられます。
      • 縦線非表示時の同期先[縦]線種
        同期元十字[縦]線を非表示にした場合の同期先十字[縦]線の線種を変更できます。
      • 縦線非表示時の同期先[縦]線色
        同期元十字[縦]線を非表示にした場合の同期先十字[縦]線の色を変更できます。
  • 日本時間の表示方法
    カーソル横に表示するか、十字線の垂直線データとして表示するか選べます。
    • 日本時間を表示して開始する
      どちらを選択しても以下のキーで切り替え可能
    • 日本時間を表示するキー(J)
    • 日本時間の表示位置の指定(カーソルに表示した場合)
    • 日本時間のカーソルからの距離(カーソルに表示した場合。ピクセル)
    • 表示ラベルの選択(カーソルに表示した場合)
      「日本時間 + 価格」「日本時間のみ」「価格のみ」から選べます。
  • 時間と pips の差分表示方法の選択
    「シングルクリック(長押し)」「ダブルクリック」「ドラッグ(ワンショット)」から選べます。「ドラッグ(ワンショット)」は MT4 / MT5 の仕様と同じくドラッグ開始で計測が始まり、ドラッグ終了と同時に十字カーソルが非表示になります。
    ※ ドラッグ(ワンショット)の場合でも shift キーを押下しながらドラッグすると計測は開始せず、チャートをドラッグすることが可能です。(「チャートジャンプ(検証)機能を利用する」が false の場合)
    ※ ドラッグ(ワンショット)で、計測終了時にのみ shift キーを押下してマウスボタンを放すと、計測のみ終了して十字カーソルを非表示にしないことが可能です。続けて計測したい場合にご利用ください。
    検証機能(チャートジャンプ)ご利用の際は「シングルクリック(長押し)」「ダブルクリック」の利用をおすすめします。「ドラッグ(ワンショット)」にしているとドラッグ(計測)を終了する都度、十字カーソル非表示と共に検証機能がオフになります。
    • 時間と pips の差分の表示位置の指定
    • 時間と pips の差分のカーソルからの距離(ピクセル)
    • シングルクリック長押しの待ち時間(秒)
      計測が始まるまでの長押し時間を秒で設定します。
      ※ バージョン 1.48x までは 0.5 秒固定でした。1秒以上など長めにすればチャートをドラッグした際などに意図せず計測が始まってしまう頻度を減らせます。
  • 現在レートまでの pips を表示する
    「常時表示」「OHLC 吸着時」「表示しない」から選べます。「常時表示」は十字カーソルを表示している間、カーソルから現在価格までの価格差をリアルタイムに更新して表示します。 「OHLC 吸着時」は OHLC に吸着すると吸着した OHLC から現在価格までの価格差をリアルタイムに更新して表示します。
  • 文字サイズの変更
  • 文字色に前景色を適用する
    • 前景色を適用しない場合の文字色
  • 表示している他のチャートへ同期するか選択
    • 異なる通貨ペアに横線を同期する
      異なる通貨ペアにも pips を基準にして横線(価格)を同期します。他通貨ペアでも同じ pips 位置の確認ができます。

      ※ 同期先の Bid ⇔ 十字カーソル間の pips は同期元のカーソルを移動させたときのみ更新しています。同期先の Bid 更新で差異が出ますのでご留意ください。
  • OHLC に吸着させる
    十字カーソルを OHLC(始値/高値/安値/終値)へ吸着させます。
    • OHLC 吸着をオンオフする shift キー
      「左右 shift キー」「左 shift キー」「右 shift キー」「使用しない」から選べます。指定した shift キーを押下するとオンオフが切り替わります。
    • OHLC に吸着させる距離(ピクセル)
      十字カーソルと OHLC までの距離がこの距離以内になると吸着させます。
  • チャートジャンプ(検証)機能を利用する
    検証ツールです。複数チャートを表示している場合、任意のチャートを shift キー + クリックすると全チャートのオートスクロールをオフにして、クリックした時間へ他のチャートをジャンプさせます。任意のチャートを shift キー + ダブルクリックすると全てのチャートのオートスクロールをオンに戻せます。カジュアルに検証モードと取引モードを切り替えることができます。
    • チャートジャンプ機能時の十字線の種類の変更
    • チャートジャンプ機能時の十字線の太さの変更(Solid 選択時のみ有効)
    • チャートジャンプ機能時の十字[縦]線の色の変更
    • チャートジャンプ機能時の十字[横]線の色の変更
      • 縦線非表示時の同期先[縦]線種
        同期元十字[縦]線を非表示にした場合の同期先十字[縦]線の線種を変更できます。
      • 縦線非表示時の同期先[縦]線種
        同期元十字[縦]線を非表示にした場合の同期先十字[縦]線の色を変更できます。
  • ブローカーの GMT
    ご利用の FX 口座が採用する GMT(グリニッジ標準時)の設定です。正しい GMT が選ばれていないと日本時間がずれて表示されます。ほとんどの方の口座は GMT +2/+3 を採用していますので変更の必要はありません。
    AVATRADE、Exness、LAND-FX など GMT 0 を採用する口座をご利用の場合は GMT -1/0 へ変更する必要があります。簡単に見分ける方法として、期間区切り表示(MT4/MT5 の 0:00)が日本時間の午前10時、または午前9時(夏時間)に表示される口座が GMT 0 を採用する口座です。日本時間の午前7時、または午前6時(夏時間)に表示される口座はデフォルトの GMT +2/+3 採用の口座です。
  • キプロス拠点のブローカー
    XM Trading、FxPro などキプロス共和国に拠点を置くブローカーの夏時間(他のブローカーより2週間遅く始まり1週間早く終わる)に対応します。

ご利用条件

  • 素人の個人が使用するために作成したものですのでセキュリティなどは考慮していません。ご自身の責任で使用できる方はどうぞご利用ください。
  • 使用中に損害が生じても当方は一切の責任を負いません。が、不具合などあればコメント等で内容をお伝えいただき、再現できれば修正を試みてみます。
  • 正しく使用できない口座もあるかもしれません。
  • MT4 / MT5 の気配値に EURUSD を表示してください。ブローカーごとの pips 計算のために EURUSD の価格の桁数を参照しています。気配値に EURUSD を表示していない場合はインジケーターを設置した通貨ペアの桁数を利用しますが、正確な pips 値にならない可能性があります。(pips を表示しないインジケーターは除く)

ダウンロード

ShowCrosshairs.ex4 (MT4)
Version:1.512
Published:2021-04-15
ShowCrosshairs.ex5 (MT5)
Version:1.512
Published:2021-05-22

バージョンアップ情報メール配信

ShowCrosshairs バージョンアップ情報

ShowCrosshairs のバージョンアップを
メールでお知らせします。

プライバシーポリシーをご確認ください。

このブログは読んでくださるみなさまに支えられています。気に入って頂けたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 FX 無職投資家へ    

コメント

  1. ヒカク より:

    このクロスヘアインジ最高です!
    他に類を見ない!
    十字を合わせたローソク足の日本時間がわかるのが素晴らしい!

    他チャートにスムースに表示される!
    任意期間のローソク足本数、pips、所要時間の確認も軽く長押しでできるので楽にできるようになりました!
    スキャル用のTickチャートにも同期できるのはこれだけでした!
    同一ペアでなくても、クロス円(例ユロ円)の十字がドルスト(例ドル円、ユロドル)の対応するだろう価格に十字が表示されるのはビックリしました!(他製品も同様にできることなのかわかりませんが)

    十字同期インジをいろいろ探して、こちらをインストールして表示した瞬間に叫びそうでした!
    他のインジも有難く使わせて頂いてます!

    • DJ Trader より:

      コメントありがとうございます。

      喜んでいただけて本当に嬉しいです。
      ありがとうございます。

  2. こばぞー より:

    LineSynchronizerとあわせて愛用させていただいてます。
    一つ要望なのですが、検証機能において中央で揃えるのではなくチャートの右端で揃えて先が見えない状態にするのは可能でしょうか?
    あと矢印キー等でローソク足を1本ずつ送れるような機能があると最高です!
    現状の状態でも大満足ですが、この機能があれば他に何もいらなくなります。
    是非ご検討おねがいします!

  3. 高林 より:

    物凄く使いやすくて重宝しております。
    もし可能でしたら曜日まで十字カーソルに表示できるようにしていただけませんか?

    • DJ Trader より:

      コメントありがとうございます。

      どこに表示させたいものでしょうか?

      • 高林 より:

        ご丁寧に返信ありがとうございます。
        十字カーソルに2022.4.13水 21:30 分見たいに表示できたらすごい便利です。
        もし可能でしたらよろしくお願いいたします。

        • 高林 より:

          日本語がおかしかったのでもう一度送らせてもらいます。
          2022.4.13水 21:30 と表示できたら助かります
          よろしくお願いします。

          • DJ Trader より:

            現在のフォントで日本語は使用できません。
            日本語フォントに変更するとサイズが微妙に変わってしまいますので
            「水」を英語「Wed」で検討致します。

          • DJ Trader より:

            こちらでお試しいただき再度コメントください。
            カーソルに表示した時のみ曜日を表示できます。
            垂直線に表示した場合は表示されません。

            MT4
            ttps://dj-trader.net/sdm_downloads/showcrosshairs-ex4-weekday

            MT5
            ttps://dj-trader.net/sdm_downloads/showcrosshairs-ex5-weekday

            Password : sc152

          • 高林 より:

            こんなに早く対応していたけると思わず返信遅れてしまいました。
            曜日も問題なく表示されております。 本当にありがとうございます。
            すごい使いやすくなりました。

カスタムインジケーター
スポンサーリンク
DJ Traderをフォローする
しがない DJ が FX 専業トレーダーになるまで



タイトルとURLをコピーしました